お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

SKINCARE JOURNAL
スキンケアジャーナル

肌の「夏老け」なんてイヤイヤ!夏こそマッサージで美肌をキープ

肌の「夏老け」なんてイヤイヤ!夏こそマッサージで美肌をキープ

肌の「夏老け」という言葉を聞いたことはありませんか? これは、高温多湿な日本の夏に、肌に必要以上の負担がかかり、一気に老化が進んでしまう現象のこと。 想像するだけで恐ろしいですね。 今回は、「夏老け」の原因と予防策について考えてみましょう。 夏、肌の敵になるものといえば、まず紫外線。 屋外スポーツやレジャーでなくと……

2017/08/03

続きを読む
東尾理子とSHELLYが女性としてママとしての観点から 『もう浮気できない 大人女性の魅力アップ術』をテーマに対談

東尾理子とSHELLYが女性としてママとしての観点から 『もう浮気できない 大人女性の魅力アップ術』をテーマに対談

2017年7月3日(月)にパセラリゾートグランデ渋谷にて『一度使ったら浮気できないファンデーション レイチェルワインPRイベント』を開催いたしました。 ●イベントの様子について 最初に東尾理子さんが登場し、司会者よりレイチェルワイン ミネラルファンデーションの使い心地について「軽やかで優しい」と満足していることをア……

2017/07/27

続きを読む
年齢とともに減っていく保湿因子

年齢とともに減っていく保湿因子

皮脂の分泌量は、女性より男性の方が多く、どちらも20代をピークに、女性が30歳前後から、男性は40歳前後から減少します。 でも、80代になるまで、やはり男性の方が皮脂量は多く、その量は40代の女性とほぼ同じ。 男性が中高年になっても肌ツヤが良く、シワが少ないのもここに要因があるのかもしれません。 (「美容皮膚科学辞……

2017/07/14

続きを読む
赤み、かゆみ、カサカサ肌のストレスから解放されたい!アトピー肌のファンデーション選び

赤み、かゆみ、カサカサ肌のストレスから解放されたい!アトピー肌のファンデーション選び

要因は様々にあると言われるアトピー性皮膚炎。 乾燥はもちろん、ホコリ、紫外線や化粧品、時には自分の髪の毛さえ刺激となって肌荒れを引き起こすこともあります。 アトピー肌の悩み軽減につながるファンデーションについて、一緒に考えてみましょう。 ●アトピー肌はバリア機能が低下 強いかゆみ、赤み、湿疹、カサつきなどの症状が特……

2017/03/28

続きを読む
育児もおしゃれもあきらめない 子育てママのファンデーション選び

育児もおしゃれもあきらめない 子育てママのファンデーション選び

育児中のメイクアップはなかなかハードルが高いもの。何せ自分にかけられる時間が短い、でも産前産後の肌トラブルをできるだけ回避したい、さらには子どもに安心して頬ずりしたい……子育て中のママが満足できるファンデーションについて考えてみましょう。 ●これが育児の現実! 子育てママの化粧事情 未就学児育児中のママに、朝の様子……

2017/03/28

続きを読む
大きくしたくない、跡に残したくない! ニキビ肌のファンデーション選び

大きくしたくない、跡に残したくない! ニキビ肌のファンデーション選び

「青春のシンボルだ」などと言われた時代もあったニキビですが、実は思春期のみならず、大人になって悩む人も多いよう。 そんな成人女性に、ニキビを悪化させることなく上手にカバーできるファンデーションをご紹介しましょう。ポイントは「必要最低限」です。 ●ニキビの原因は毛穴の詰まり ニキビには、過剰な皮脂分泌を始め、ホルモン……

2017/03/28

続きを読む
こんな使い方で綺麗に仕上がった

こんな使い方で綺麗に仕上がった

たっぷり粉を出して、ブラシに満遍なく含ませて、余分な分はトントンと落としてから、少しづつ肌にのせるとうまくいきました。この「少しづつのせる」というのがポイントみたい。使い方の動画にあったように、ブラシで磨くととてもつるんとした感じになり、びっくりしました。 私は毛穴が目立つのでブラシを使う方向を上から下向きに回転さ……

2016/11/08

続きを読む
肌のバリア機能を守るスキンケアとは?

肌のバリア機能を守るスキンケアとは?

●春はお肌にとって良い季節ではない!? 暗く寒かった冬をようやくしのいで迎える春。 厚いコートを脱ぎ、寒さに縮こまっていた体を伸ばして、軽やかな気持ちで楽しみたいものです。 しかし同時に春は「木の芽時」の言葉もあるように、気候の変化によって体調を崩しやすく、肌がデリケートになる季節でもあります。 肌は本来、角質層が……

2017/03/17

続きを読む
そのアイメイク、まぶたの負担になっていませんか?

そのアイメイク、まぶたの負担になっていませんか?

人間の皮膚で最も薄いのはどこかご存知ですか? 首? デリケートゾーン? いいえ。まぶたです。 魅力的な目元を実現するのにアイシャドウは必須アイテムですよね。 でも、まぶたなどの目の周りは、非常に皮膚が薄く、特に化粧品ダメージを受けやすい場所でもあるのです。 一般的なアイメイク商品に含まれる合成界面活性剤、油分、エタ……

2017/03/07

続きを読む
赤み、かゆみ、ヒリヒリはもうイヤ! 敏感肌のファンデーション選び

赤み、かゆみ、ヒリヒリはもうイヤ! 敏感肌のファンデーション選び

●敏感肌、その原因や症状は? 敏感肌とは、一般的に、肌角質層のバリアが乱れて、刺激を受けた肌がトラブルを起こしやすい状態のことを指します。花粉やハウスダスト、紫外線、化粧品などによって、かゆみ、赤み、かぶれ、痛みなどの症状を引き起こします。外部刺激だけでなく、食品アレルギーやストレスなど、内部要因の場合もありますし……

2017/02/27

続きを読む
「年齢知らずの肌」は年齢による肌変化を知ってこそ! 40代のファンデーション選び

「年齢知らずの肌」は年齢による肌変化を知ってこそ! 40代のファンデーション選び

●実感していますか? 40代ならではの肌悩み 化粧品メーカーや小売店などは、肌悩みについてのアンケートを行っています。公表されている数社の結果の傾向を見てみると、20代では、毛穴、乾燥、ニキビ、シミそばかす、べたつき、ざらつきなどが上位に上がるのに対し、40代ではシミ、乾燥に加えてシワ、ハリや弾力のなさ、くすみ、た……

2017/02/27

続きを読む
微妙なお年頃に見合ったファンデを使っていますか? 30代のファンデーション選び

微妙なお年頃に見合ったファンデを使っていますか? 30代のファンデーション選び

●少しずつ変わってくる肌の悩み 自分の肌と、きちんと向き合っていますか?子育てや仕事、日常の雑務に追われて最近の肌トラブルすら自覚できていない、なんてことはありませんか? ホルモンバランスや環境の変化によって、女性の肌の状態は年々変わっています。必然的に、肌の悩みや対処法も、年代によって異なるはず。化粧品メーカーや……

2017/02/27

続きを読む
食品で作る手作りスキンケア

食品で作る手作りスキンケア

園と親子をつなぐコミュニティーマガジン「Lau」にレイチェルワインの勧める【フードベーススキンケア】が特集されました。 詳しい内容はこちらから↓ http://www.rachelwine.com/winfield/food_base

2017/02/03

続きを読む
お肌に本当に必要な乾燥対策とは?

お肌に本当に必要な乾燥対策とは?

肌老化の最大の敵は乾燥だということはよく知られているでしょう。 ですから、保湿や水分補給に余念がない女性は多いはず。 しかし、その方法はただの「対症療法」に過ぎない場合も多々あるのです。 例えば、 化粧水、乳液、クリーム、美容液と重ね付けしていませんか? 高い美容液ほど効果が高いように錯覚していませんか? 美容液を……

2017/01/24

続きを読む
必要最小限の1本で冬の素肌を守る

必要最小限の1本で冬の素肌を守る

心ときめく冬真っ盛り。様々なイベントに忙しい毎日でしょうか。 しかし冬は、肌にとって最もよろしくない季節ということも お忘れなきよう。 冬は、外気はおろか、暖房の効いた室内も著しく乾燥しています。 また、汗や皮脂の分泌量がぐっと下がり、 皮膚のバリア機能が低下します。 乾燥は、肌老化を進行させる最も強靭な敵。 表面……

2017/01/24

続きを読む
皮脂分泌が過剰になりがちな夏に

皮脂分泌が過剰になりがちな夏に

●皮脂分泌が過剰になりがちな夏は「必要最小限の洗顔」が肝心! 蒸し暑い日本の夏がやってきましたね。 ジリジリ照りつける日差し、室内外の温度差、過剰なエアコンなど、女性が戦うべき夏の敵は数多くあるわけですが、「皮脂」対策が重要なのはご存知でしょうか。 乾燥する冬には不足しがちだったりと、肌表面の脂質量は、季節により大……

2017/07/14

続きを読む
乾燥しているのにベタつく…「インナードライ肌」って?

乾燥しているのにベタつく…「インナードライ肌」って?

あなたの肌がもし下記のような状態なら… □ 皮脂がでているのに肌がつっぱる □ キメが荒く毛穴が目立つ □ 化粧のりが悪い □ 肌がゴワついている 「インナードライ」のサインかもしれません。 また、汗が出やすい季節は肌がうるおっているように感じます。 でも、内側は乾燥している可能性が高いのです。 スキンケアをすると……

2017/01/24

続きを読む
スキンケアの効果を高める、誰でもすぐできる方法

スキンケアの効果を高める、誰でもすぐできる方法

最近、お肌の調子はどうですか? ちゃんとお手入れしているのに、イマイチ元気がない。 くすみや乾燥も気になる……。 現状のスキンケアに物足りなさを感じている方に、 今回は、とっておきの方法をお伝えしたいと思います。 それは、「マッサージ」です。 マッサージは、通常のスキンケアの前におこないます。 運動をするとき、ウォ……

2017/01/24

続きを読む
みずみずしい素肌のために 「ミニッツマッサージ」のススメ

みずみずしい素肌のために 「ミニッツマッサージ」のススメ

「十分な保湿をしているのに、なんだか乾燥する」 「パックが効果的なのはわかるけど、時間がない」 「マッサージはちょっと難しそう」 そんな方にオススメしたいのが 「ミニマリスト ウォーターチャージ」で行う朝晩のマッサージです。 マッサージといっても、専用のクリームや特別な技術が必要なものではなく、 水分補給を兼ねたウ……

2017/01/24

続きを読む
上質な輝きをプラスして煌めく冬を楽しむ

上質な輝きをプラスして煌めく冬を楽しむ

クリスマスや年末年始と、人と集まる機会が増える季節がやってきますね。 ドレスアップ、美しいネイル、完璧なメイク、華やかなヘアスタイル…… それに今年はもう一つ、ラメをプラスして差をつけてみてはいかがですか? ラメといってもあからさまに「ギラギラ」させるのではなく さりげなく、かつ効果的にあしらうのが大人の女性という……

2016/11/25

続きを読む
洗顔を制する者が、スキンケアを制す!

洗顔を制する者が、スキンケアを制す!

毎日の洗顔はとても大事。 いちどは聞いたことがあるフレーズですよね。 大事といわれるまでもなく、もはや習慣として 毎日、洗顔をしている人がほとんどだと思います。 ではなぜ、洗顔が大事なのでしょうか? 私たちの肌細胞は、個人差はありますが28?56日ほどのサイクルで 新しく生まれ変わります。これをターンオーバーといい……

2017/01/24

続きを読む
テカっているのに乾燥!?「インナードライ」にご注意!

テカっているのに乾燥!?「インナードライ」にご注意!

「乾燥肌なのに皮脂が気になる」 「皮脂対策をしているのにテカリやニキビが治らない」 そんなあなたは、インナードライ肌かもしれません。 また、汗が出やすい季節は肌がうるおっているように感じます。 でも、内側は乾燥している可能性が高いのです。 今回はインナードライ肌についてのお話です。 よろしければぜひお読みください。……

2016/09/21

続きを読む
紫外線対策に一番大切なこと。

紫外線対策に一番大切なこと。

こんにちは、レイチェルワインです。 暑い季節はもちろん、適切な日焼け止め選びや 効果的なつけ方はどの季節にも大切ですね。 実は、スキンケアの点から言うと、それ以上に大事なことがあります。 私は昔、UVケア商品を塗ることが 唯一の紫外線対策だと信じ、ベタベタと塗っていました。 (それに入っている成分や、  それを落と……

2016/08/18

続きを読む
セラミドって何?

セラミドって何?

こんにちは、レイチェルワインです。 セラミドは、皮脂と天然保湿因子と並んで、 3大保湿因子のと呼ばれる、肌がもともと持っている代表的な保湿成分。 同じように保湿成分として知られている コラーゲンやヒアルロン酸は「水分を抱え込む」働きをする一方、 セラミドは「水分をはさんで離さない」働きをし、より強い保湿力を持ちます……

2016/08/18

続きを読む
顔のむくみ、たるみ対策に。

顔のむくみ、たるみ対策に。

 こんにちは、レイチェルワインです。  疲れが溜まっていたり緊張が続いていた身体に  マッサージを行うと、気持ちよくリラックスできますよね。  それは肌も同じ。  実は、あなたの顔の筋肉もコリがたまっています。  1回たった30秒のマッサージでも、  毎日行うことで肌のコリがほぐれていきます。   ◆ ◇ ◆  た……

2016/08/10

続きを読む
アイシャドウが「くすみ」の原因に!?

アイシャドウが「くすみ」の原因に!?

 こんにちは、レイチェルワインです。  私がメディカルエステティシャンとしてお客様の肌を  ケアしていた頃、お手入れする肌に共通することがありました。  それは、「目の周りのくすみ」。  皮膚の薄い目の周りは、特に化粧品ダメージを受けやすい場所。  合成界面活性剤、油分、エタノール(アルコール)、シリコン  の入っ……

2016/08/06

続きを読む
洗顔の摩擦?

洗顔の摩擦?

 こんにちは、レイチェルワインです。  「泡がいっぱいで弾力のあるほうが   洗う時の摩擦(刺激)がないからいい?」  あなたはこの質問に関してどのように思われますか?  これは手が直接肌に触れない感覚で、  泡をクッションにして洗うことがよいというイメージですね。  ローラーなどの美容器具を使ったり  ジェルやオ……

2016/07/18

続きを読む
美肌になれる食べ物とは?

美肌になれる食べ物とは?

私たちの体は、食べたものからできています。 肌ももちろんそうですよね。 スキンケアなど外側からのお手入れも大切ですが、 美肌を意識した栄養素をご紹介しますので、 毎日の食事にぜひ意識して取り入れてみてください。 1.抗酸化作用のあるビタミンA 肌や粘膜を強くする効果があり、野菜の中にはβ-カロテンとして存在していま……

2016/06/16

続きを読む
「成分の数」と「パフォーマンス」

「成分の数」と「パフォーマンス」

 アメリカの調査で、  化粧品開発者たちへこんな質問がされました。  =======================================  「パフォーマンスに満足のいくものを作るために  何種類の成分を使いますか?」  =======================================  単……

2016/06/27

続きを読む
肌断食とミネラルファンデーションの関係

肌断食とミネラルファンデーションの関係

 こんにちは、レイチェルワインです。  最近、お客様からのお便りの中で  「肌断食がきっかけでミネラルファンデーションに出会った」  という声をよく目にするようになりました。  これまでのスキンケアに疑問を持ち、ご自身の肌のことを考えて  今までのスキンケアを見直す方が増えています。  肌断食もその1つと言えるので……

2016/06/06

続きを読む
レイチェルワインが提案する新しい美肌スタイル

レイチェルワインが提案する新しい美肌スタイル

 こんにちは、レイチェルワインです。  アメリカでミネラルメイクアップが  広がり始めたのは今から15年ほど前。  私はアメリカで有名な皮膚科医のもとで  メディカルエステティシャンとして働いていました。  当時、皮膚科に通う多くの人々が求めていたものが  治療後に安心して使えるメイクアップ製品でした。  そんな需……

2016/05/18

続きを読む
肌断食がすすめられるワケとは?

肌断食がすすめられるワケとは?

 こんにちは、レイチェルワインです。  肌断食と一言で言っても期間ややり方はさまざまですが、  言葉通り「化粧品の使用を断つ」というのが基本です。  「そんなことをしたら、肌がパサパサになっちゃう!」  という悲鳴が聞こえてきそうですが、  大切なことは「なぜ断つ必要があるのか」です。  それは、いつも「肌のために……

2016/05/29

続きを読む
この商品でしか実現できないことを目指して

この商品でしか実現できないことを目指して

 こんにちは、レイチェルワインです。  私が初めてミネラルファンデーションに出会ったのは、  15年以上前になります。  当時アメリカ在住中に勤めていた皮膚科医で、  「ダメージを受けているあなたの肌に使える   メイクアップ製品はこれしかありませんよ」  と紹介されたのがきっかけでした。  ただ、その商品は確かに……

2016/05/04

続きを読む
SPF値のよくある誤解

SPF値のよくある誤解

 こんにちは、レイチェルワインです。  米国皮膚科学学会では、老化の約80%が紫外線  (光老化)による影響だと考えられているほど。 (出典:日本化粧品工業連合会コスメチックレポート)  UV-Aは長い時間浴び続けると、サンタン(皮膚の黒化)  を起こし、真皮内の繊維質を変性させ、しみ・たるみの  原因になると言わ……

2016/04/19

続きを読む
より美しく仕上げるメイクアップ方法

より美しく仕上げるメイクアップ方法

 ★開発者レイチェルによる「つけかたポイント」     ★「崩れないために」    化粧水などで肌を整えた直後は、肌に水気が多く    ファンデーションがうまくのりません。    肌がサラサラになるまで待つか    ティッシュオフしてからつけましょう。   ★「少量でポンポン、クルクル」    ブラシにパウダーをな……

2016/04/14

続きを読む
ファンデーションが与える肌への影響

ファンデーションが与える肌への影響

こんにちは、レイチェルワインです。 あなたがメイクを始めたのはいつ頃でしたか? 私は10代の頃からニキビや肌の色ムラに悩んでいたので、 それを隠すためにメイクは早い時期からなくてはならないものでした。 化粧直しは1日に何度していたことか… 突然ですが、ここで質問です。「肌ダメージの主な原因」は、何だと思いますか。 ……

2016/04/01

続きを読む
たかが洗顔、されど洗顔。あなどるなかれ!

たかが洗顔、されど洗顔。あなどるなかれ!

年齢を感じさせない美肌キープのために 日常の手入れで最も重要なものはなんだと思いますか? 高価な美容液? 手間ヒマかけるマッサージ? いいえ。 答えは「最小限の洗顔」です。 洗顔は、メイクや汚れを落とすことばかりにとらわれ、 洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗いがち。 必要以上に潤いを洗い流してつっぱり感があっても、 ……

2016/11/08

続きを読む