お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

洗顔の摩擦?

blog10


 こんにちは、レイチェルワインです。

 「泡がいっぱいで弾力のあるほうが
  洗う時の摩擦(刺激)がないからいい?」


 あなたはこの質問に関してどのように思われますか?


 これは手が直接肌に触れない感覚で、
 泡をクッションにして洗うことがよいというイメージですね。

 ローラーなどの美容器具を使ったり
 ジェルやオイルをつけてマッサージをしたり。

 エステに行ってフェイシャルマッサージを受けたことがある
 と言う方も少なくないと思います。

 その際には「摩擦」を気にする人はあまりいませんね。


 実際のところ、
 洗顔の時の手の摩擦そのものが肌に刺激になることはありません。

 ただ、合成界面活性剤など、泡を立たせるための成分は
 しっかり泡を立たせておかないと肌に刺激になります。

 「しっかり泡立てる」ことはもちろん大切なのですが、
 その理由は「摩擦を防ぐ」ということではありません。


 「泡立てる」理由はこの2つです。
──────────────────────────

 肌への刺激を緩和すること(摩擦でなく成分の観点から)

 洗顔後、肌に残ることなくきれいにすすぎ落とせること

──────────────────────────

 肌をマッサージすることは決して悪いことではありません。

 ぜひ洗顔の際に肌をやさしくマッサージしながら洗ってあげてくださいね♪


[メディカル スキンケア スペシャリスト]
Medical Skin Care Specialist(M.S.C.S)
レイチェルワイン