お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

アイシャドウが「くすみ」の原因に!?

blog11


 こんにちは、レイチェルワインです。

 私がメディカルエステティシャンとしてお客様の肌を
 ケアしていた頃、お手入れする肌に共通することがありました。

 それは、「目の周りのくすみ」

 皮膚の薄い目の周りは、特に化粧品ダメージを受けやすい場所。

 合成界面活性剤、油分、エタノール(アルコール)、シリコン
 の入ったアイメイク商品を使うこと、それを落とすことの繰り返しで、
 肌にはダメージが蓄積されていきます。


  ◇ ◆ ◇


 エステティシャン時代に、あるお客様の
 まぶたに肌に軽い炎症が起きていることに気が付きました。

 最近アイメイク商品を変えたと言うことでしたので、
 それが原因だということが分かりました。

 炎症が起きていることをお伝えしたのですが、そのお客様は
 そのブランドもその色も大好きだったので、使い続けることを選びました。

 結果、そのダメージのために目の周りがくすみ、
 それをカバーするために使う商品がさらにダメージを引き起こすという、
 悪循環になってしまいました。



  ◇ ◆ ◇


 もちろん「気に入った色を使いたい」と思うのは当たり前です。
 でも「肌を犠牲にしたくない」ですよね。

 そんな想いから、開発を決意した
 「目の周りに少しでも負担をかけないアイシャドウ」。

 その答えはファンデーションと同じく、ミネラル原料で作ること。

 石油系顔料を使わないこと。
 合成界面活性剤、油分、エタノール(アルコール)、シリコンフリーであること。


  ◇ ◆ ◇


 このアイシャドウは、ファンデーションと同様パウダータイプです。

 お客様の中にはパウダーに不慣れな方もいらっしゃるかと思います。

 プレスして固形化するためには、必ずオイルであったり、
 パウダー同士をくっつけるための成分の配合が不可欠になります。

 ただ、それはデリケートな目の周りの皮膚にとって
 マイナスになってもプラスにはならないと判断しました。

 実は私も昔は、プレストタイプを使っていました。
 初めてパウダーアイシャドウを使った時は、
 正直、抵抗があったのを覚えています(笑

 でも使い続けていくうちに、重ねやすさや単色でもコントラストの調整が
 簡単だったり、プレストタイプと同じように使いこなせるようになりました。


  ◇ ◆ ◇


 パウダーなので比較的薄付きではありますが、
 鮮やかに、またしっかりのせたい場合のコツを紹介します。

 【1】
 ブラシを使用する場合は、基本的に淡くつくので、
 何度か重ね付することで濃くつけることができます。

 アイシャドウチップはしっかり濃くのせることができるので、
 一番濃くのせたいところはチップを使用し、ぼかしたい部分は
 ブラシと使い分けることで綺麗なグラデーションを作ることができます。

 【2】
 パウダーは水に塗れると色が濃く出るので、ブラシの毛先を少し
 湿らせた状態でシェードカラーを付けることで濃くつけることができます。

 【3】
 パウダーアイシャドウをつけ終わってから、
 霧の細かいウォーターミストを軽く吹き付けます。

 肌が湿った少し状態で、上からまた軽くパウダーアイシャドウをのせると、
 しっかりとした発色の仕上がりになります。


  ◇ ◆ ◇


 この商品は、肌を犠牲にすることなく、目元をいつまでも美しく、
 あなたをよりいっそう美しく輝かせてくれるはずです♪

 ぜひ一度お試しくださいね。


Medical Skin Care Specialist(M.S.C.S)
レイチェルワイン