お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

テカっているのに乾燥!?「インナードライ」にご注意!

blog17


「乾燥肌なのに皮脂が気になる」
「皮脂対策をしているのにテカリやニキビが治らない」
そんなあなたは、インナードライ肌かもしれません。

また、汗が出やすい季節は肌がうるおっているように感じます。
でも、内側は乾燥している可能性が高いのです。

今回はインナードライ肌についてのお話です。
よろしければぜひお読みください。


  ◇ ◆ ◇


インナードライとは、肌表面はしっとりしているのに
実は内側が乾燥した状態のこと。


キメが荒い、ファンデーションのノリが悪い、つっぱる
などの症状も、インナードライの可能性があります。


肌の乾燥は、シワ、ハリ不足、シミ、くすみなど、
様々なトラブルの原因となりますから、
一刻も早いケアが肝心です。

しかし、皮脂のテカリが気になるからといって
過剰に洗顔をしたりするのは
インナードライ肌にはむしろ逆効果。

なぜならば、インナードライの原因は肌の乾燥だからです。

冷暖房、紫外線、不規則な生活などによって内側が乾いてしまうと、
外部の刺激から肌を守るべく、
さらなる乾燥を防いで潤いをキープしようと
表面に皮脂を分泌するのです。

ですから、皮脂対策を行うほど乾燥が進行し、
インナードライが加速するという悪循環に陥ります。

では、インナードライ肌の最も効果的なケアはといえば、
スバリ、角質層の十分な保湿です。

肌の角質層は、角質細胞が何層にも重なっており、
この細胞のすき間をうめているのが
セラミドを主成分とする細胞間脂質。

高い保湿力を持つセラミドの入った美容液を使うことで、
角質層からの水分蒸発が抑えられ、潤いキープにつながります。

美容液を選ぶ際は、
効果的な成分が入っているのはもちろんのこと、
肌への負担になる余計なものが入っていないことも大切です。


  ◇ ◆ ◇


当社商品のマルチ美容液「ミニマリスト ビオフォース」は、
「水分をはさみこんでキープする」セラミドをはじめ、
セラミドと同じ働きをするレシチン、セラミドと相性の良いヒアルロン酸、
海藻エキスやアロエエキスなどの保湿成分を配合。

それでいて、パラベンやアルコール、合成界面活性剤などは不使用と、
肌に必要最低限の成分で、肌本来の力を呼び起こします。
さらに1本で化粧水+乳液+美容液の役割を果たし、
メイク前の化粧下地にもなるマルチ美容液。

「忙しい」「時間がない」など言い訳は無用。
内側から潤って、みずみずしい素肌美人を目指しましょう!

▼ミニマリスト ビオフォース
https://www.rachelwine.com/item/minimalist_bioforce

▼関連記事
「セラミドって何?」

https://www.rachelwine.com/blog/13

Medical Skin Care Specialist(M.S.C.S)
レイチェルワイン