お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

赤み、かゆみ、カサカサ肌のストレスから解放されたい!アトピー肌のファンデーション選び

要因は様々にあると言われるアトピー性皮膚炎。
乾燥はもちろん、ホコリ、紫外線や化粧品、時には自分の髪の毛さえ刺激となって肌荒れを引き起こすこともあります。
アトピー肌の悩み軽減につながるファンデーションについて、一緒に考えてみましょう。


●アトピー肌はバリア機能が低下

強いかゆみ、赤み、湿疹、カサつきなどの症状が特徴的なアトピー性皮膚炎。
原因が特定できず、治ったと思っても何かの拍子に繰り返すため、長く悩む女性も多いでしょう。
アトピー性皮膚炎はアレルギー反応の一つであり、異物が肌内部に入り込むことで引き起こされるもの。
肌が本来持っているバリア機能が働いている健康な肌は、刺激物にさらされてもそれをブロックすることができますが、アトピー肌はバリア機能が弱まっているため、異物が侵入しやすくなっているのです。
ですから、基礎化粧品はもちろんのこと、ファンデーションも、アレルゲンとなりうる余計な成分が入っていないものを選ぶことが肝心です。




●刺激物の配合や肌負担が少ないファンデーションは……

バリア機能が弱まっているアトピー肌には、肌に安全な成分でできていて、添加物など刺激物となりうるものが入っていないことが重要です。
形状はパウダーが最適。
リキッドやクリームは、界面活性剤や防腐剤などが加えられている場合があるからです。
クレンジングの負荷を減らすためには油分不使用なら、なお良し。
日焼け止めの負担を軽減するためにはファンデーション自体にその機能が備わっているとさらに好ましいでしょう。
これらを考慮すると、アトピー肌にオススメなファンデーションはズバリ、ノンプレストタイプのパウダーミネラルファンデーションです。
アメリカ生まれのミネラルファンデーションは、一般的に、細かく粉末にしたミネラル(鉱物)から作られたパウダーファンデーションを指します。
油分や添加物を含まず、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーの役目をこなす多機能なものが多いため、肌に優しいと人気が高まっています。




●ミネラルファンデーションの選び方

では「ミネラルファンデーション」であればどれでもいいかといえば、そうでもありません。
ミネラルファンデーションには明確な定義がなく、ミネラルを含んでさえいればミネラルファンデーションと表示できるからです。
選選ぶときのポイントは、まず、できるだけシンプルな成分配合の物にすること。
防腐剤や合成界面活性剤、オイルや香料を含まないものにしましょう。
ミネラルの成分としては、マイカ(透明感)、酸化亜鉛(消炎作用、SPF効果)、酸化チタン(防水とSPF効果、カバー力)、シリカ(滑らかさ)、酸化鉄(色み)などがあります。
次に、下地やフィニッシングパウダーが不要など、多機能であること。
つけるものが多いほど肌への負担が大きくなる可能性が高まりますから。
さらに言うならば、日本人向けに開発された色使いや、適度なカバー力などがあると最強です。

アトピーで荒れた肌を隠すだけでなく、メイクはスキンケアの一部と捉え、できるだけ肌への負担の少ないファンデーションを選び、肌にまつわるストレスを少しでも減らしたいものですね。



Medical Skin Care Specialist(M.S.C.S)
レイチェルワイン