お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

「肌を守る」ためのファンデーション

マスク

今の時期、ウイルス対策でマスクをつける、花粉症でマスクが手放せない、という方も多いのではないでしょうか。
普段マスクをしない人もマスクをするようになって、肌荒れやニキビを起こしているという声も聞くようになりました。

例えば、同じ不織布のマスクでも、製品によって肌触りやサイズが色々あります。
マスクをつけて話したり、サイズが合っていないマスクを着けていたりすると、その摩擦が肌への刺激となって、肌が荒れたりします。
できるだけ肌触りが優しいもの、「敏感肌用」などと書かれている商品は、肌への刺激が少ないものが多かったりします。
しゃべっているとマスクの周りにファンデーションがついていること、ありますよね。
ファンデーションがマスクにつくということは、それだけこすれているということ。

マスクがこすれてメイクがついてしまう

また、マスクをしていると内側が呼吸によって湿度が高くなります。
湿度が高くなるということは細菌にとってはとてもいい環境。
肌にも様々な菌が存在していますが、マスクの中の環境はニキビの原因になる菌などが繁殖しやすい環境になっています。
またファンデーションに含まれている油分には、菌が好物なものもあるので、マスク内はニキビや肌荒れを起こしやすくなる環境と言えます。

さらに、花粉が飛散する時期は肌に付着します。
花粉の付着することで、肌がカサカサしたりチクチクしたりして「花粉症皮膚炎」に発展することもあるんです。
マスクをつける時はファンデーションをつけない方も多いかと思いますが、マスクの摩擦による刺激やマスク内側の衛生環境、花粉の付着から「肌を守る」という目的で、ファンデーションをつけた方が良いとも言えます。

そこで、「肌を守る」ファンデーションとしてお勧めなのが「レイチェルワイン ミネラルファンデーション」です。

レイチェルワイン ミネラルファンデーション

理由は2つあります。
1つは当社ミネラルファンデーションは主にミネラルパウダーでできており、油分や水分が配合されていないので、酸化防止剤や防腐剤、界面活性剤などが配合されていない、無添加のパウダーファンデーションであること。
一般的に化粧品は長い時間が経つと悪くなります。
それは配合されている油分や水分が酸化や菌の温床の原因になるので、それを防ぐために酸化防止剤や防腐剤などを入れて品質を保つから。
でもそれらが入っていない、ミネラルパウダーで作られているので、品質がいつまでも安定しているのが特徴です。
生活習慣と食生活を見直し、バリア機能がしっかり整った紫外線に負けない肌を作りましょう。

もう1つは、ミネラルパウダーは肌の皮脂や水分となじむことでパウダーがしっとりとして密着度がアップするので、マスク内の湿度が高い状態でも崩れにくい、汚く崩れないこと。
またミネラルパウダーの密着によって肌の乾燥も防いでくれます。
マスクはもちろん、スマホの画面につきにくいと好評です。

皮脂となじんで肌に密着

肌への負担軽減でいえば、ファンデーションを落とすのにクレンジング不要で、洗顔料のみで落とすことができるので、洗顔時の肌への負担も軽減できます。

毎日一生懸命スキンケアを行っていればきれいな肌が保てると思っている方は多いですが、長時間のメイク、それを落とすための洗顔の肌への負担も考えることが、正しいスキンケアといえると思います。



スキンケア発想から生まれた、肌想いの「レイチェルワイン ミネラルファンデーション」。

マスクしながら大切な肌も守るために、ぜひお役立てください。