お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

肌は腸の鏡

女性は、ホルモンの関係や男性よりも筋肉が弱いことから便秘に悩むことが多くなりがちです。

便秘によって腸内環境が悪化すると、肌の状態にも大きな影響が出てしまいます。
今回は、腸と肌の関係について詳しく紹介していきます。



■腸が肌に与える影響

「肌は腸を映す鏡」とも言われ、今の肌状態は腸の状態そのものだと考えられています。
腸内環境が悪いと、様々な肌トラブルが引き起こされます。

腸の中には無数の腸内細菌が存在しますが、悪玉菌が大量に増え、善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなることで便秘になりやすくなります。
そして、腸の中に溜まった便は徐々に腐敗し、有害物質を発生させます。
この有害物質が腸から吸収されて、血液に溶け込んで全身に行き渡ることで、肌の乾燥やニキビ、吹き出物といった肌荒れの原因となります。


■改善するには?

それでは、腸内環境を改善するためにはどうしたらいいのでしょうか?

有効な方法として、下記のような整腸作用があるものを食事から取り入れるといいでしょう。

○乳酸菌
便秘になり、増えすぎてしまった悪玉菌を解消するには、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。
そのために、善玉菌の代表と言える乳酸菌を摂ることが効果的です。
乳酸菌は腸内を弱酸性にし、悪玉菌を撃退してくれるので、腸内細菌のバランスを良くします。
また、腸のぜん動運動を促進する働きがあるので、便秘や下痢の解消に直接働きかけてくれます。

乳酸菌が含まれる食品には、ヨーグルトや納豆、甘酒といった発酵食品が挙げられます。



○食物繊維
食物繊維をしっかりと摂ることも、便秘を解消するためには大切です。

食物繊維は、腸の中で水分を吸収して便のかさを増やすため、腸を刺激して排便をスムーズにしてくれます。
さらに、腸内の有害物質も排泄し、お腹の中を綺麗にする働きもあります。

食物繊維を含む食品は、イモ類・豆類・緑黄色野菜・根菜類・果物・海藻類・雑穀類などです。



○酵素
便秘解消のためには、消化酵素が必要です。
体内で消化酵素が不足すると、消化や分解が十分に行われず、腸内の悪玉菌が増加する原因にもなります。

体内で作られる酵素の量は決まっていますが、食事から取り入れることも可能です。
酵素が含まれる食品には、発酵食品・野菜・果物・刺身などがあります。



○水分
便秘の原因の一つに挙げられるのが、腸内の水分不足です。
水分が足りないと、便が固くなり、便通が悪くなってしまいます。
そのため、水分を十分に摂ることが大切ですが、一度にたくさんの水を飲むというよりは、普段からこまめな水分補給が必要です。

一番効果的なのは、朝起きたタイミングでコップ1杯の水を飲むことです。
そうすることで、腸が動き出し、老廃物の排泄を助けてくれます。



このように、便秘に効く食品はいくつかあるため、日々の食事に積極的に取り入れるといいでしょう。

美肌のためにも、便秘を改善し、腸の状態を整えることを心がけましょう。

written by コスメコンシェルジュ篠田

◆関連記事◆
●甘酒が「効く」ワケ
●甘酒が免疫を高める
●甘酒は美容にいい?
●麹、発酵って何?