お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

肌の専門家レイチェルワインに聞く「アルガンオイルを勧めるワケ」



■海外セレブでも愛用者が多いとされる「アルガンオイル」ですが、レイチェルさんはどんな経緯でアルガンオイルを使い始めたのですか?

レイチェル:
もともと持っている病気(膠原病)の影響もあってだと思うんですけど、特に季節の変わり目なんかにひどく全身が乾燥してしまうんです。
私の場合は腕や手が特にひどくて、皮膚炎が出てしまい、かゆいし、赤いブツブツができたりして、手を人前で出すのが恥ずかしいっていうくらいという状態になったんです。
とにかく乾燥を防ぎたい思いから、保湿効果のあるオイルを入浴剤としていろいろ試した中で、最終的にアルガンオイルが一番よかったんです。
あとは、年を重ねると髪の悩みも出てきます。
アルガンオイル配合の育毛剤もあったりしますからね。
頭皮ケアはもちろん髪の毛のツヤにもアルガンオイルはとっても役立ってます。
私はツヤだけでなくコシが出てきましたね。
あと、アルガンオイルはドライオイルなのでべたつかず、使いやすさも魅力です。




■アルガンの木は2年に1度しか実をつけず、約30キロの果肉から1リットルしか採れないという貴重なオイルなんですね。

レイチェル:
はい、しかも太陽がきつく乾燥した過酷な砂漠地帯でも育つわけですから、パワーがあるわけですよね。
写真見たことないですか?
木の上にヤギがいっぱい登っている写真。

■はい、見ました。すごい光景ですよね。

レイチェル:
アルガンオイルの生産のために管理されているところではそういうことはないんですけど(笑)
あれはヤギがアルガンの木に登ってその実や葉を食べてるんです。
砂漠地帯で枯れないわけですから、貴重な栄養源になりますよね。


■アルガンオイルはほとんどがモロッコ産だと思うのですが、その中でも違いはあるんですか?

レイチェル:
安価なものには希釈されてるものもありますので、ピュアなものとそうでないものが存在します。
抽油する方法で言うと、大きく分けて「高温圧搾法」と「低温圧搾法」の2通りあります。
高温圧搾法は効率よくたくさんオイルが採れる方法ですが、栄養素が壊れる懸念もあるいっぽう、低温圧搾法は採れる量が少ないですが高品質なため、低温圧搾法で抽油しているアルガンオイルがお勧めです。
あとは容器ですかね。
アルガンオイルは比較的安定していると言われていますが、それでも直接光が入ってしまう透明な容器よりも色のついたガラス瓶(遮光瓶)に入っているほうが安心と言えるでしょう。



■アルガンオイルを使ってからは乾燥から来る悩みはなくなりましたか?

レイチェル:
ないですね。
他人が目に見える部分で言うと手が分かりやすいです。
手は小さなシワが出てきて、年齢を感じさせる部分ですが、目立たなくなりましたね。
当社には、肌が皮脂を作る力が弱い、極度の乾燥肌のスタッフがいるんですが、アルガンオイルはかなり重宝しているようで、今ではツヤのある綺麗な肌になっていますよ。
敏感肌やニキビ肌の方にもお勧めです。



■レイチェルさんが勧める一番の使用法はお風呂に入れることですか?

レイチェル:
そうですね。
もうマストです(笑)
お風呂に入れれば、赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなが潤って最高です。
数滴入れるだけでいいので経済的ですし。
今では私にとって「アルガンオイル」は本当に欠かせないアイテムで、昔から「金の液体」とか、「モロッコの宝」とか言われる理由がよく分かります。
まさにオイル界の女王様と言えるでしょう。
アルガンオイルを使ったことのない方はぜひ体感していただきたいですね。


メディカルスキンケアスペシャリスト(M.S.C.S)
レイチェルワイン

(※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません)