お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

シャンプーは気にしているのに、メイクには?化粧品に配合されるシリコンの話

ここ数年、シャンプーを中心にブームとなっている「ノンシリコン」というキーワード。
ノンシリコンシャンプーが髪にやさしいというなら、化粧品はどうなの?
ファンデーションには入ってない?
改めて、「シリコン」について考えてみましょう。

●食品添加物でもある「シリコン」

シリコンとは、シリコーン(樹脂)などと呼ばれることもありますが、合成高分子化合物の総称、つまり、化学的に作り出された物質です。
身近なところでは、レンジにかけられる仕切りカップや、電子レンジで蒸し料理ができるスチーマーなどに使われています。
シリコンカップやシリコンスチーマーなどは、表面がさらりとしていて、食品がくっつかない、調味料や油がしみこまないことにお気づきでしょうか?
それがシリコンの性質です。 シリコンは、無色無臭、水にも油にもなじまないもので、髪の摩擦を軽減したり、仕上がりを、しっとりつややかにさせてくれたりするので、ヘアケア剤に入っていることが多いのです。
それ自体はアレルギーを起こしにくく、生体への影響はほとんどありません。
ですから安全なものとして、歯磨き粉や医薬品、さらには食品添加物としても使用されています。
では、なぜ「ノンシリコン」が注目されるようになったのでしょうか。
それは、やはりシリコンの性質によるのです。
水にも油にも強いということはつまり、洗い流しにくいということ。
シリコン自体は人体への影響がなくても、髪に残ったシリコンに汚れや脂分がくっついてしまう、シリコンによって髪がコーティングされると、栄養分が行き届きにくいなどの弊害が起こるという考え方によるのです。




●弊害は、シリコンそのものよりも…

シリコンが化粧品、特にファンデーションに使われる理由はといえば、フィット感や持ちが良い、汗や水に強い、仕上がりがなめらか、伸びが良くつけやすい、などが挙げられます。
特に、ウォータープルーフタイプのファンデーションには必ずといってよいほど入っているでしょう。
ジメチコン/ジメチコノール/シクロペンタシロキサン/シクロメチコン/アモジメチコンなどと表記されているのはシリコンです。
先述のように、シリコン自体に害はほとんどありませんが、問題は、その落ちにくさにあります。
汗や水に強いということは、水や石鹸では洗い流せないため、クレンジング剤、それも高い洗浄力のものが必要になるのです。
クレンジング剤、特にオイルタイプなど洗浄力の高いものは、肌にとっても刺激的。
肌を美しく見せるために化粧品を使っているはずが、肌への負担をかえって強めてしまうなんて、本末転倒です。




●肌への負担を減らすならやっぱりノンシリコンファンデーション

シリコンの特性と弊害を鑑みると、ノンシリコンファンデーションが良さそうです。
ノンシリコンファンデーションといえば、ミネラルファンデーションが代表格でしょう。
ミネラルファンデーションは、明確な定義はありませんが、主に、細かく粉末にしたミネラル(鉱物)だけから作られたパウダーファンデーション。
肌に負担となる成分が極力控えられて肌に優しく、それでいて、下地不要、日焼け止め効果があるなど多機能なものが多いので、注目度が上がっています。
シリコンが入ってないと、フィット感や持ちが悪くなるのでは?
という不安や、化粧崩れやつけづらさの心配が出てくるかもしれません。
しかし最近のミネラルファンデーションは、伸び、カバー力、フィット感などが格段に向上し、肌負担を思えば十分に満足できるレベルと言えるでしょう。
肌へ刺激は最小限にして、肌の美しさを最大限に引き出すなら、ミネラルファンデーションを選んで自分らしいメイクを楽しみたいものです。