ホーム > スキンケア通信 > 育児もおしゃれもあきらめない 子育てママのファンデーション選び

スキンケア通信


育児もおしゃれもあきらめない 子育てママのファンデーション選び


育児中のメイクアップはなかなかハードルが高いもの。何せ自分にかけられる時間が短い、でも産前産後の肌トラブルをできるだけ回避したい、さらには子どもに安心して頬ずりしたい……子育て中のママが満足できるファンデーションについて考えてみましょう。


●これが育児の現実! 子育てママの化粧事情

未就学児育児中のママに、朝の様子を聞いてみました。

「下の子の離乳食、上の子の幼稚園の支度、山のような洗濯と食べこぼしの掃除など、朝の家事だけで軽く3時間は取られます。自分の身支度?5分もかけていられません(苦笑)」(4歳と1歳のママ)
「子どもが起きる前、5時にはお化粧をします。長時間化粧をしたままにはなりますが、子どもが起きると自分どころじゃなくなりますから」(3歳のママ)
「妊娠中で肌荒れを起こしていて化粧は控えたいですが、上の子の保育園の送迎があるので、そう言ってもいられません」(2歳のママ、妊娠中)

これが育児中の女性のリアルな声。きれいなママでいたいと思っても、そうあるための悩みは尽きません。




●育児中に最適なファンデーションの条件3つ

朝から大忙しのママが、少しでも美しくいられるファンデーションの条件とは?
まず、時間をかけずともムラなく塗ることができるもの。
言うまでもなく時間に追われる朝を過ごすママにとって、パパッと塗れてきれいに仕上がるファンデーションは強い味方です。
次に、肌への負担が最小限であるもの。
産前産後、ホルモンバランスの変化でデリケートになりやすい肌には、できるだけ刺激が少なく優しい成分でできているファンデーションが望ましいでしょう。
そういうものなら、小さな子どもが触っても安心です。
最後に、ある程度のカバー力と紫外線予防効果を備えるなど、多機能であること。
肌荒れを隠しながら、送迎や外遊びにも紫外線を気にせず外に出られるからです。
この3つの条件をクリアするのは、ズバリ、ミネラルファンデーションです。




●これがミネラルファンデーションの実力

ミネラルファンデーションとは、明確な定義はありませんが、細かく粉末にしたミネラル(鉱物)から作られたパウダーファンデーションのこと。
低刺激で肌に優しいファンデーションとして注目されています。
最大の特徴は、肌の負担となる油分やアルコール、防腐剤や界面活性剤など不使用なものが含まれていないこと。
産前産後のデリケートなママの肌への負担を軽減してくるのはもちろん、子どもに頬ずりしても安心です。
また、使い勝手の良さも人気の理由の一つ。
使い方は、普段通りにスキンケアで肌を整えた後、直接ファンデーションをつけるだけ。下地不要で、時間がない中でも簡単にメイクができます。
クレンジングが不要なものも多く、メイクオフにかける時間も最小限で済むのです。
さらに、粒子が細かく皮脂となじみやすいため、自然なカバー力があって化粧崩れを起こしにくいばかりか、紫外線防止効果が備わっているものも多いという多機能ファンデーションなのです。
まさに子育て中のママにうってつけといえるミネラルファンデーション。一度使ってみる価値アリの逸品です。