お電話でのご相談・ご注文はこちら

0120-752-052
平日10:30~17:00
(携帯電話利用可)

TRUE BEAUTY COMES FROM THE HEART

本当に洗顔だけで大丈夫? ミネラルファンデーションの落とし方

肌への負担が最小限で、クレンジング剤さえ不要といわれるミネラルファンデーション。
しかし、「なぜクレンジング不要なの?」
「なんとなく肌に残っているような違和感を覚えることがある」……
そんな声が時に聞かれます。
正しい洗顔方法ならば、本当に洗顔だけで大丈夫。
ミネラルファンデーションの落とし方をおさらいしましょう。


●クレンジング剤が不要なわけは……

そもそもミネラルファンデーションに明確な定義はありませんが、主に、粉末にしたミネラル(鉱物)だけから作られたパウダーファンデーションを指します。
「肌に優しい」とされる理由は、なるべく余分な成分を含まず、保存料を必要とせず、入っていてもごく少量のケミカルであることが多いから。
一般的なファンデーションには、見栄えを良くする着色料、使用感をアップさせるための油分やシリコン、保存料のような、肌の過敏症につながる化学物質が含まれています。
メイク落としにクレンジング剤が必要な理由もここ。油分や化学物質が含まれているがゆえに、それを落とすためにクレンジングが必要なのです。
クレンジングが悪者扱いされる理由は、合成界面活性剤が入っていて、その強力な洗浄力は肌のバリア機能を壊す原因になるとされるからです。
落とすために強い洗浄力を求めないミネラルファンデーションなら、クレンジング不要。
洗顔のみでしっかり落とし切ることができるはずです。




●正しい洗顔方法を見直してみましょう

ミネラルファンデーションの正しい落とし方を、改めて紹介しましょう。
まず、マスカラや口紅のようなポイントメイクを、専用のクレンジングで先に落とします。
これは油分を含むので、専用のものでないと落とせません。
コットンなどに含ませて目や口を覆って少し時間を置いた後、優しくふき取ります。
次に、洗顔料をしっかり泡立て、Tゾーンや顎などの皮脂が多い部分から洗い始めます。
このとき、ゴシゴシ洗いの摩擦は肌に負担がかかるので絶対にNG。
とにかく優しく、ソフトに、ゆっくり。そして、ぬるま湯で泡を流します。
この時もこするのはダメ。
泡やぬめりが残らないよう、たっぷりのぬるま湯で十分に流しましょう。
最後に、タオルを顔に軽く押し当てて水気をとります。
しつこいようですが、ここでもゴシゴシふき取るのはやめてくださいね。
洗顔でおすすめなのは、ぬるめの湯で「予洗い」すること。
洗顔料を使う前に、ぬるめの湯で、優しくかつ念入りに予洗いをすることで、油分が落ちやすくなります。




●それでも落ちない原因は別にある

正しい洗顔をしていても落ちないと感じるとき、原因はファンデーションではないかもしれません。
たとえば、下地や日焼け止め、美容液やクリームといったスキンケア商品の油分などが挙げられます。
いくら余計な成分の入っていないミネラルファンデーションを使っていても、日中使う化粧品に油分が使われていると洗顔のみでは落とし切れません。
下地や日焼け止めを「クレンジング不要」のものに変えたり、スキンケアを正して皮脂の過剰分泌を抑えたり、油分の入ったスキンケアは夜のみにしたりといった、スキンケアの見直しをお勧めします。
メイクで肌をケアしながら美しくなれる欲張りなアイテム、ミネラルファンデーションを選ぶなら、しっかり落としてより効果的に使いたいものですね。